交通事故による眼鏡の損害賠償|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 交通事故 よくあるご質問
交通事故に関するよくあるご質問

交通事故・損害賠償請求サービス


質問

メガネが破損した場合に請求できるのでしょうか。


回答

現状復旧の範囲で、請求できます。
メガネは身体の機能を補完するものなので、対人賠償保険においてはその支払いの対象となっています。損害賠償としては、壊れたメガネと同程度のメガネの価格がその請求金額の目安となります。同様の理由から、補聴器や義手、義足などが損傷した場合にも、その復旧の費用が請求できます。
当然のことですが、現状復旧の費用(妥当な実費ともいいます)が大原則ですので、普通のメガネが破損したからといって、損害賠償請求をおこなう際に鼈甲(べっこう)のメガネなど、高価なものを請求できないのはあたりまえのことです。


サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

交通事故による眼鏡の損害賠償TOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。