交通事故による昇給昇格見送り|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 交通事故 よくあるご質問
交通事故に関するよくあるご質問

交通事故・損害賠償請求サービス


質問

休業したことを理由に昇給昇格が見送られました。賠償請求はできますか。


回答

因果関係の立証が難しく、認められにくいのが現実です。
会社員の場合、入院などによる治療が長引けば長引くほど同僚と比べて昇給の遅れがでることもあることでしょう。会社を長期に休まざるを得ない状況でしたら、昇給に差がつくことも頷けます。その昇給昇格の遅れは、基本的には勤務期間に応じた遅れですから、会社を辞めるまで続くことになるでしょう。そして、その昇給が遅れた分だけほかの同僚に比べて得る収入が少なくなり損害をこうむることになります。
しかし、昇給や昇格などは、個人としての評価に基づいて実施されるものであり、また一般にはなかなか外部に出てくることが少ないですから、その昇給、昇格の遅延がはたして交通事故によるものなのか否かの証明をすることが難しいでしょう。たとえば、公務員や公共企業体職員、大企業の会社員のように昇給規定や昇格規定が明確に存在している場合には、容易に証明ができるでしょうが、賃金体系が制度化されていない中小企業の場合や個人商店の社員などの場合には、その企業の実績や規模、職種等に大きく左右されやすく、その昇給昇格の遅延の理由が「交通事故による」ものであるという証明は容易にはできないでしょう。
いずれにしても、保険会社との示談交渉の段階では容易に認めないと考えられますので、証明できる証拠をできるだけたくさん集めて示談交渉をおこない、交渉がうまくいかないようであれば、裁判所での判断を仰ぐ方法を検討するべきです。


サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

交通事故による昇給昇格見送りTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。