交通事故と休業による解雇|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 交通事故 よくあるご質問
交通事故に関するよくあるご質問

交通事故・損害賠償請求サービス


質問

休業したために会社を解雇されてしまいした。どうしたらよいでしょうか。


回答

事故による負傷・休業を明らかな理由としての解雇であれば、再度の就職に必要にして相当の期間は休業損害の請求も可能です。
非常に難しい問題であると思います。事故による負傷、休業を明確な理由として、会社のほうが解雇の通知を出してきたのであれば、事故による休業を証明する診断書とその会社からの解雇通知などで「交通事故による負傷のための解雇」という証明が十分に可能でしょう。それがとれれば、傷病がある程度まで回復して、次の職業に就けるまでの期間は従前の収入に合わせた休業損害の請求が可能であると考えられます。
しかし、会社の側は、不当解雇としての糾弾を避けるために、まず事故による負傷を理由にした解雇通知は出さないでしょう。恐らく、このようなケースで一番多いのは、希望していない部署への配転や嫌がらせなどで会社に居づらい雰囲気を作り、結局は被害者本人から会社を退職するということを言わせる方法によるものだと思います。こうなってしまうと、事故と退職との相当因果関係を証明することは非常に難しくなります。そうなる前に、辞めるのであれば解雇通知を取るように心がけておきましょう。


サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

交通事故と休業による解雇TOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。