専業主婦の交通事故|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 交通事故 よくあるご質問
交通事故に関するよくあるご質問

交通事故・損害賠償請求サービス


質問

専業主婦ですが休業損害の請求は可能でしょうか。


回答

可能ですが、保険会社の基準で認定されると金額は少なくなります。
専業主婦であっても休業損害の請求は可能です。家事労働それ自体は目に見える金銭的な対価を生みだしてはいませんが、現実には家族がこのことによって利益を受けているわけですから、家事労働分をまさに家政婦さんなどを雇った際の損失とみなして交通事故の損害と評価すべきと考えることができるからです。
その損害評価の算定においては、一般に保険会社では自賠責保険の基準を準用しているようですが、弁護士基準においては全学歴全年齢の女性の平均賃金(賃金センサス等)を用いています。休業期間においては、その被害者の方ごとに負傷の内容、治療の経過などが様々ですので一概にはいえませんが、任意保険会社では実際に治療した日数(実入院日数や実通院日数)を参考にしているようです。
平成14年現在の基準を比較すると、自賠責保険(任意保険も同様)の基準では1日あたり5,700円(平成14年4月1日前の事故の場合には5,500 円)、弁護士が使用する基準(損害賠償額算定基準)では1日あたり9,504円になります。


サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

専業主婦の交通事故TOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。