交通事故の後遺障害認定基準|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 交通事故 交通事故に関するよくあるご質問

交通事故・損害賠償請求サービス


質問

後遺障害の認定方法や基準はどのように決められているのですか。


回答

自賠責保険が定める後遺障害等級が認定基準になります。
交通事故の後遺障害として一般に認知されているものは、自賠責保険が定めている後遺障害等級であり、その等級は障害の程度の重いほうより1級〜14級までと定められています(自賠法施行令第2条→後遺障害別等級表)。等級の認定に際しては、自賠責保険の適用がある交通事故については、この定められた等級の中からどの後遺障害に該当するのか(もしくは該当しないのか)を、損害保険料率算出機構・自賠責損害調査事務所という機関が審査、認定作業をおこないます。
一般に交通事故として定められている後遺障害は労災保険の後遺障害認定基準を準用しているといわれ、その内容も定型化されています。また労働能力喪失率という、いわゆる失ってしまった労働能力の比率についても一律に定型化されていて、なかには実際に被害を受けた現状に即していないようなこともあるでしょう。そうした場合には、後遺障害の等級評価も含めて裁判で争うという方法もとれます。そうなれば、裁判所は、自賠責保険の認定基準を参考にしながら、その申立てをおこなった被害者の実態、実情について審理をしますので、現実に被害を受けた内容に即した評価を得ることができることになるでしょう。


サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

交通事故の後遺障害認定基準TOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。