クレーン車の交通事故|弁護士法人法律事務所MIRAIO

ページ内を移動するためのリンクです。

個人のお客様 交通事故 よくあるご質問
交通事故に関するよくあるご質問

交通事故・損害賠償請求サービス


質問

作業中のクレーン車が倒れてきて事故に遭いました。どのような責任追及ができるのでしょうか。


回答

クレーンの作業者、その使用者たる会社が責任を負い、自賠法上の責任追及も可能です。
クレーン作業自体に落ち度があることは容易に想像がつきそうですので、その作業者に民法709条の不法行為責任が発生することは間違いがなさそうです。また、クレーン作業ということですので、その作業の使用者たる会社も責任を負う(民法715条)ことも問題はないでしょう。
あとはクレーン車といえども自動車ですので、自賠法上の責任は追及できないかが問題となるでしょう。この点については、自賠法上の運行の解釈によってきますが、一般的にはその自動車(今回はクレーン車)の正規の構造装置の用法に従って用いられていること、という解釈になりますので、恐らくこの場合には運行中にあたり、自賠法上の責任も負うということになります。


サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

クレーン車の交通事故TOPへ

法律事務所MIRAIOは法律サービスを「安心サービス産業」と位置づけています。
相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。