成年後見人が付くと本人の権利が制限されると聞きましたが、どのような制約がありますか?|よくあるご質問|高齢者|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 高齢者支援 よくあるご質問
高齢者に関するよくあるご質問

尊厳ある生活を送れるサービス


質問

成年後見人が付くと本人の権利が制限されると聞きましたが、どのような制約がありますか?


回答

一般的に財産の自由な処分ができなくなる他、被成年後見人と被保佐人には、以下のような資格の制限があります。

  1. 職業や資格の制限
    他人の財産を管理する職業に就くこと(取締役、監査役等)、専門の資格取得(医師、弁護士、税理士等)、免許・登録が必要な職業に就くこと(投資顧問業、警備業、古物営業、旅行業等)などについては制限されます。
  2. 選挙権・被選挙権の制限
  3. その他 印鑑の登録ができません。すでに登録しているものは抹消されます。

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

このページのTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。