財産管理契約サービス|尊厳ある老後を送れるサービス|高齢者|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 高齢者支援 尊厳ある老後を送れるサービス

尊厳ある老後を送れるサービス 高齢者問題はもはや他人事ではありません!

財産管理契約サービス

個別の財産に関する契約を弁護士に依頼するものです。

委任契約によって弁護士に財産の管理を委託するものです。委任事務の内容は自由に設定することができます。
判断能力に問題がない場合、成年後見制度は利用できませんが、多額の資産があり管理するのに手間がかかるので、信頼できる第三者管理を任せたいというケースに利用します。

MIRAIOではこのように支援します

MIRAIOの弁護士が本人に代わって不動産を売却して施設に入所させたり、介護契約を結んだりします(介護福祉手続き)。
身寄りのないお年寄りの場合、死後の事務(葬儀、お墓の手配、財産寄付)などについて、生前にMIRAIOの弁護士に委託しておくことができます。

参考事例 Hさん

私は賃貸アパートを複数所有していますが、もう高齢で独り暮らしなので、一部は取り壊した上、土地を売却して、残ったアパートの賃貸収入で安定した老後を送りたいと思っています。しかし、賃借人の立ち退きや不動産処分、賃料の回収などが大変なので、誰か信頼できる人に任せたいのですが・・・。

MIRAIOに依頼

賃貸借契約終了後の明け渡し、不動産の処分、残余物件の賃貸管理などについて、弁護士に委任しておきます。ただし、相談者の判断能力が低下した場合には委任契約は終了するので、同時に任意後見契約もセットで締結しておくと、判断能力がなくなった場合には、そのまま受任弁護士が任意後見人として上記のような委任事務を継続することが可能です。

参考事例 Iさん

私は身寄りのない高齢者なので、自分の死後、お葬式やお墓のことを頼む人がいません。今のうちから、誰か信頼できる人に任せておきたいのですか・・・。

MIRAIOに依頼

生前に、葬儀やお墓の手配を弁護士に依頼しておきます。とくに葬儀等の事務については、葬儀費用や永代供養料など100〜300万円程度の高額になることが多く、事前に高額の費用を預託しておく必要がありますから、預託先が弁護士だと安心して預託できるというメリットがあります。

あなたのお悩みも、MIRAIOへ相談してみませんか!

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

よくあるご質問
費用について

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

財産管理契約サービスTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。