先物取引が投資的な要素を持つ取引かのように説明され、契約してしまいました。|よくあるご質問|消費者被害|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 消費者被害 よくあるご質問
個人のお客様 消費者問題 消費者問題に関するよくあるご質問

投資証券・先物金融回復サービス


質問

「銀行預金より有利…」「投資…」「利子…」「配当…」など先物取引が投資的な要素を持つ取引であるがごとき説明されたので、その気になって契約してしまいました。しかし、なんだか不安になったので契約を取消せないでしょうか。


回答
  1. このような勧誘方法は違法です。先物取引は銀行預金や投資信託とは全く別のものです。
  2. 事実誤認となるようなことを言っての勧誘は違法です。
  3. 早めに弁護士に相談しましょう。

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

このページのTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。