健康食品の売買|事例紹介|消費者被害|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 消費者被害 事例詳細
個人のお客様 消費者被害 事例詳細

健康食品の売買

相談の経緯

糖尿病に効くと言われて健康食品を購入しましたが、何の効果もありませんでした。健康食品購入代金の返還を求めることはできませんか。

MIRAIOからの支援内容

健康食品の内容という重要事項について、事実と異なる説明がなされていますので、消費者契約法に基づいて契約を取消し、代金の返還を求めることができます。
消費者契約法による取消しは、追認できるときから6箇月間の間に行う必要があります。また、相手方が事実と異なる説明をしたことを消費者側が証明しなければなりませんので、相手方が事実と異なる説明をした証拠があるかどうかが1つのポイントになります。

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

健康食品の売買TOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。