交際クラブ詐欺|事例紹介|消費者被害|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 消費者被害 事例詳細
個人のお客様 消費者被害 事例詳細

交際クラブ詐欺

相談の経緯

交際クラブに申し込み、女性と1回会うごとに3万円もらえるという契約をしました。最初に保証金として50万円が必要だと言われたので50万円を預けました。2〜3回女性と会いましたが、その後女性が入院したと言われました。別の女性を紹介してもらえるという話しになりましたが、連絡が取れなくなりました。保証金を返金してもらうことはできますか。

MIRAIOからの支援内容

交際クラブを装った詐欺で、比較的多い事例です。保証金の返金を求めるためには相手方を特定できることが必要ですが、相手方の住所が実は架空のものであったり、実在する場合でも電話代行業者や私書箱であったりして相手方特定に至らないケースが多いのが実情です。相手方を特定できるケースでは保証金の返金交渉が可能ですが、実際に返金されるか否かは相手方に財産があるかによって左右されます。

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

交際クラブ詐欺TOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。