未公開株2|事例紹介|消費者被害|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 消費者被害 事例詳細
個人のお客様 消費者被害 事例詳細

未公開株2

相談の経緯

ある日突然A社からA社の未公開株の購入を勧められました。その後、B社からA社の未公開株を持っていれば高く買い取ると言われたので、これは儲かると思って、A社からA社の未公開株を購入しました。しかし、その後B社とは連絡が取れなくなりました。未公開株購入代金の返還を求めることはできませんか。

MIRAIOからの支援内容

近年増えている詐欺の手口です。投資による被害というよりは、振り込め詐欺などと同じようないわゆる詐欺事案です。もちろんA社とB社はグルで未公開株購入代金名目でお金を騙し取ったと考えられます。相手方が特定できるケースでは購入代金の返還を求めることができる場合がありますが、多くのケースでは相手方を特定することは困難です。

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

未公開株2TOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。