投資信託|事例紹介|消費者被害|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 消費者被害 事例詳細
個人のお客様 消費者被害 事例詳細

投資信託

相談の経緯

「元本割れはなく、貯蓄のようなもの。預金するより利回りが良い。」と勧誘され、投資信託に100万円を預けました。しかし、利回りが良いどころか、元本割れをしてしまいました。話が違うので解約して100万円を返してもらえますか。

MIRAIOからの支援内容

投資信託は元本保証のないリスクのある取引です。したがって、担当者が元本割れがないかのように説明したとすれば説明義務に違反しているといえます。ただ、投資信託のパンフレットや申込用紙にはリスクに関する説明が記載されていることが一般的ですので、担当者が事実と異なる説明をしたことが証明できるような証拠があるかどうかが大きなポイントとなります。また、あなたにこのようなリスクのある取引を行う適格性があったか否かも問題となります。

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

投資信託TOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。