海外オプション取引|事例紹介|消費者被害|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 消費者被害 事例詳細
個人のお客様 消費者被害 事例詳細

海外オプション取引

相談の経緯

「先物と違って損をしても損失は限定されているので安心です。」と海外のオプション取引を勧誘されました。担当者は「石油を買う。」「金を買う。」などと言っていましたが、何をしているのか良くわからないまま300万円の損失が出ました。300万円を返してもらうことはできませんか。

MIRAIOからの支援内容

オプション取引は投資の中でも特に難しい取引で、素人で適合性のある方は極少数だと思われます。また、相手方業者によっては実際の市場に取り次いでいるか疑わしい場合もあります。したがって、投資適合性がないのに勧誘している場合や、市場に取り次ぎをしていない場合には返還請求が可能です。もっとも、オプション取引を行っている業者は、業者自体が小規模であったり、経済的信用のないケースもありますので、法的には返還請求が可能であっても、業者の倒産などで回収が困難になるケースもあります。

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

海外オプション取引TOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。