取引内容の調査・分析(商品先物取引・外国為替証拠金取引のみ)|投資証券・先物金融回復サービス|消費者被害|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 消費者被害 投資証券・先物金融被害回復サービス

 投資証券・先物金融被害回復サービス 消費者被害の回復をサポートします。

取引内容の調査・分析(商品先物取引・外国為替証拠金取引のみ)

金融被害の回復は、取引内容を調査・分析することからスタートします。
そこで、まず相手方業者に取引履歴の開示を求め、取引が終了していないケースでは、あわせて取引の終了(手仕舞い)を指示します。
相手方業者から取引履歴が開示されたら、専用のソフトを使って、特定売買と呼ばれる原則として不合理な取引がどれくらいあるか、手数料がどれくらい取られているかなどを明らかにします。
また、委託者の学歴・職歴・投資経験・財産状況などから投資適合性があったといえるか否かを判断します。その他、勧誘の状況、取引の指示内容などを勘案して、違法性があるといえるか判断します。

あなたのお悩みも、MIRAIOへ相談してみませんか!

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

事例一覧
よくあるご質問
費用について

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

取引内容の調査・分析(商品先物取引・外国為替証拠金取引のみ)TOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。