MIRAIOからの支援内容 弁護士法人法律事務所MIRAIO


  • 債務整理TOP
  • 任意整理(和解)
  • 個人民事再生
  • 破産
  • 事例一覧
  • よくあるご質問
  • 費用について
  • MIRAIO TOPに戻る

個人民事再生の解決事例
両親の不動産に担保が・・・でも両親に迷惑をかけることはありませんでした。

相談の経緯

  • メーカーに勤める、53歳の会社員です。
  • 妻と二人暮らし。子供は独立しており、両親が所有している土地の一部に住宅を建て生活をしています。

当時、自営業を行っていましたが、軌道に乗らず、赤字続きでした。そのため、運転資金の補填に借入れをすることが多くなり、気がつくと借金(住宅ローンは除く)は600万円にのぼっていました。
その後、自営業は廃業をして、会社員として就職を始めましたが、借金の返済が非常に困難な状況になってしまいました。

MIRAIOからの支援内容

弁護士によると、「登記簿を確認したところ、抵当権が両親名義の土地にも設定されており、破産手続きをした場合、両親の所有する不動産も手放さなければならない状況である」との説明を受けました。

MIRAIOに相談したところ、住宅ローンは継続して支払い続けることができれば、不動産を失わずにすむ個人民事再生の提案があり、両親に迷惑をかけないことを最優先にしようと考え、その手続きを選択しました。

住宅ローンに加えて借金の返済が出来るか心配もありましたが、手続きの結果、月々の返済額がかなり圧縮され、現在は会社員として安定した収入を得ているため、返済は何とか頑張れている状況です。

まとめ

個人民事再生は裁判所に申し立てて、現在の債務を大幅に減額した上で、残りの返済分を基本3年かけて返済していく方法です。住宅を守ることができます。
ミライオでは個人民事再生に関するご相談を無料でお受けしています。お気軽にお問い合わせ下さい。

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-783-005

受付時間

平日 10:00 〜 18:00

※上記以外と土日祝日は自動音声にて承ります。
※お電話頂く際には、番号をお確かめのうえおかけまちがいのないようにお願いします。

ページTOPに戻る

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。