任意整理(和解) 弁護士法人法律事務所MIRAIO


  • 債務整理TOP
  • 任意整理(和解)
  • 個人民事再生
  • 破産
  • 事例一覧
  • よくあるご質問
  • 費用について
  • MIRAIO TOPに戻る

借金減額、無利息の長期分割返済!過払い金の返還も!
任意整理(和解)

こんな悩み、ありませんか? 借金の交渉をしたいけど裁判にはしたくない 利息を払いすぎているようだ 借金が返せなくて困っている 借金について相談したい 借金を減らしたい

MIRAIOは、こう解決します。
任意整理(和解)
弁護士が借入れ業者と交渉をして、借金を整理する手続きです。取引状況により、借金が減少することや、払い過ぎた利息を取り戻せることがあります。
過払い金返還交渉
払い過ぎた利息を返してもらう交渉をすることです。
既に払い終えている借金についても、払い過ぎた利息の返還請求は可能です。

任意整理(和解)とは

任意整理(和解)というのは、裁判所を通さず、弁護士が借入れ業者と任意に交渉して、借金を整理する手続きです。
まず、お客様から交渉依頼のあった借入れ業者に対し、借金がどの位あるかについて調査を行います。その結果に基づいて、弁護士が借入れ業者と個別に減額交渉して、減額した金額に原則利息をつけずに、3〜5年程度の長期分割で返済していきます。

任意整理(和解)は、減額した結果、支払いが可能な方であれば、どなたでも利用できます。ただし減額しても支払いが難しい方は民事再生手続きか、自己破産の方が適していることもございます。

任意整理(和解)のメリット

ご希望の借入先のみの整理が可能
任意整理の場合、ご親族やご友人からのお借入、ご勤務先からのお借入、住宅ローンや自動車ローンなどといった「債務整理はしたくないお借入」については除いて手続きを行うことが可能です。そのため、その後の人間関係や仕事、住宅、自動車などの生活環境への悪影響を避けることができます。

任意整理(和解)のデメリット

あくまでも「任意」の交渉である
任意整理とは、あくまでも借入れ業者との和解交渉により進めるため、交渉に応じない借入れ業者の場合には、手続きが滞ることもございます。そのような場合には、弁護士が責任をもって次善の策をご提案いたします。
裁判手続きほど借金の減額ができない
任意整理は、裁判手続きである自己破産や民事再生のように、借金の全額もしくは一部が免除されるわけではなく、利息制限法に従い、払い過ぎた利息分が減額されるにすぎません。そのため、それまでの借入状況や返済状況によっては、借金があまり減らないこともあります。

解決までの流れ

STEP1 ヒアリング

収支や借入状況の聞き取りをします。

STEP2 弁護士との面談

聞き取った内容をもとに、弁護士が最善の方針を提案します。

STEP3 契約

面談時の提案内容をご納得いただけましたら、事務員から受任内容についてご案内させていただき、契約書や委任状等を取り交わします。その後、依頼された借入れ業者へ、あなたの代理人になったという通知を出すことにより、業者からの督促は止まります。

STEP4 調査

STEP3で通知を受け取った借り入れ業者から、あなたとの取引経過が開示されます。その取引経過を、利息制限法によって定められた利率で引き直し計算を行い、借金の総額を算出します。※残った借金の返済見通しが明らかに厳しい方は、破産や民事再生の方針を検討していただきます。

STEP5 交渉

調査結果に基づいて1社1社と和解交渉します。その結果、どれだけ減額できるかが確定します。過払い金が発生している場合は返還交渉をします。借入れ業者によっては、過払い金の取戻しのために裁判を要する場合があります。その場合は、取戻すまでに1年程かかることもあります。

解決 成立 和解成立した借入れ業者から順次、返済スタート。3〜5年の支払 原則3年(36回)、ただし事情により長期(または短期)の分割返済も可能です。

任意整理(和解)の費用

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-783-005

受付時間

平日 10:00 〜 18:00

※上記以外と土日祝日は自動音声にて承ります。
※お電話頂く際には、番号をお確かめのうえおかけまちがいのないようにお願いします。

ページTOPに戻る

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。