養育費の減額|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 離婚 よくあるご質問

個人のお客様 離婚 離婚に関するよくあるご質問

養育費獲得支援サービス


質問

協議離婚した際,二人の子どもが20歳になるまで養育費として毎月一人あたり5万円ずつを支払うという約束をしました。しかし,最近,給料が下がったこともあり,この先とても払いきれません。何とか減額する方法はありますか?


回答

合意した養育費の支払い額について変更(増額、減額)したいが、話し合いでは解決できないときには、養育費の増額(減額)の調停を家庭裁判所に申し立てます。まずは、調停委員が間に入って金額に折り合いがつくよう調整を図ります。調停で合意できなかったときには、裁判所が審判を下すという形で新しい養育費の金額が決定されます。
増額、減額について考慮される事情としては、以下のようなものがあります。

<増額に有利な事情>

  • 入学や進学にともなう教育費を支払う必要性がある
  • 子の病気やけがによる治療費を支払う必要性がある
  • 養育している親が病気やけがした
  • 養育している親の転職や失業により収入が低下した、給料の減収があった
  • 物価の水準が著しく上昇した

<減額に有利な事情>

  • 支払う親の病気
  • 支払う親の収入の減少
  • 債務整理や破産
  • 受け取る側の収入が増えたような事情(再婚、転職、援助)

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

養育費の減額TOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。