離婚支援 | 弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 離婚 離婚支援サービス

離婚支援サービス スムーズな離婚、有利な離婚に向けて、MIRAIOが万全のお手伝いをします!

離婚をお考えの方、離婚をしたいけど話が進まない、という方

こんな悩み、ありませんか?

  • 夫が離婚に応じてくれないので困っている。
  • 性格の不一致だけで離婚はできないと聞いたけど…
  • 長い間、別居しているので、正式に離婚したい。
  • 不倫をした夫から離婚を要求されているが、応じなければならないのか。
  • 夫婦喧嘩の末、つい離婚届けにサインしてしまった。取り消すことはできるか?

MIRAIOはこう解決します。

  • 離婚の交渉サービス 弁護士が離婚やその条件について相手方と交渉します。
  • 離婚調停支援サービス 弁護士が代理人となって離婚調停を申立て、出廷します。また、代理人とはならずに、本人申立てをサポートする方法もあります。
  • 離婚訴訟支援サービス 弁護士が代理人となって離婚訴訟を提起し、出廷します。また、代理人とはならずに、本人訴訟をサポートする方法もあります
よくあるご質問
費用について

離婚のお悩みをMIRAIOが解決

離婚について当事者で話がまとまらない場合には、家庭裁判所に、まず離婚調停を申立て、次に離婚訴訟を申立てる必要があります。MIRAIOでは相手方との交渉、離婚調停、離婚訴訟などのお手伝いをします。

相手が離婚に応じないときには、そのままでは離婚は認められません。法律で決められた特別の「理由」(離婚事由)が必要となります。まずは「離婚事由」があるか診断してみましょう。

解決までの流れ
離婚事由診断シート
あなたのお悩みも、MIRAIOへ相談してみませんか!

離婚事由診断シートのチェック項目に1つでも該当する場合には、離婚が認められる可能性があります。まずは離婚ができるかどうかについて弁護士にご相談下さい。

受付時間 10:00〜18:00 0120-783-005

解決までの流れ

STEP1 ご予約
フリーダイヤル(0120-783-005)にかけて弁護士との法律相談をご予約下さい。まずは名前、電話番号等をお伺いした後、MIRAIOの弁護士からお電話をおかけいたします。
STEP2 弁護士相談
ご相談に対してアドバイスを行います。
弁護士は問題点を整理したうえ、見通しやリスクの十分な説明を行います。また、費用についても説明いたします。
STEP3 ご契約
提案内容にご納得いただけたら、ご契約の手続きに入ります(検討して、後日、依頼するということでも結構です)。事務員からご契約の案内をさせていただき、契約書や委任状等の書類を郵送いたします。

解決

(依頼者)「正式に離婚が決まり、将来に向けて希望が持てました。色々自分で悩んでいるより、プロに相談した方がはやく解決するのだと実感しました。」

あなたのお悩みも、MIRAIOへ相談してみませんか!

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

よくあるご質問
費用について

離婚支援サービス事前チェックシート(離婚事由診断シート)

離婚事由診断シートのチェック項目に1つでも該当する場合には、離婚が認められる可能性があります。

MIRAIOにお願いする際、以下のチェックシートに記入してメール、または送付いただけると、ご相談をスムーズに進めることができます。(必須ではありません。)

メールでご送付の方は、以下のテキストをコピーしてお使いください。
FAXでご送付の方は、下の印刷ボタンから印刷をして、ご記入ください。

(    ) 暴力・虐待がある(言葉の暴力も含む)

(例)

  • ・殴る蹴る、物を投げつける、包丁などを向ける
  • ・殺すなどと脅す、侮辱する言動が多い
(    ) 不貞行為がある(異性と性交渉をもつこと)

(例)

  • ・不倫相手とホテルに行った、宿泊を伴う旅行に行った
  • ・不倫相手の自宅に泊まった、入り浸っている
(    ) 酒乱である

(例)

  • ・毎日のように酒を飲む、飲むとからむ、暴力を振るう、大騒ぎする
  • ・アルコール依存症かその疑いがある(受診歴、診断書などがある)
(    ) 敢えて同居をしない・夫婦の協力をしない

(例)

  • ・生活費を渡さない
  • ・家事や育児に一切協力しない
  • ・実家に帰ったまま長期間にわたって戻ってこない
  • ・置き去りにして出て行ったままで、行き先も分からない
(    ) 3年以上、生死がわからないままである
(    ) 浪費癖がある

(例)

  • ・買い物、飲食、ギャンブル、投資などに生活費をつぎ込む
  • ・女遊びにお金を使いすぎる
(    ) 性格の不一致(人生観・価値観の不一致)がひどい

(例)

  • ・双方の考え方や価値観が食い違っており、我慢できない。
  • ・相手は自己中心的な性格である
  • ・相手は特異な性格である
  • ・相手はかなりヒステリックである
  • ・感情の抑制が効かないような所がある
(    ) 性の不一致がひどい(ただし、結婚以前には分からなかった場合である)

(例)

  • ・通常の性生活がない
  • ・性行為を理由なく避ける
  • ・性交不能である
  • ・同性愛者である
  • ・異常性癖がある
  • ・その他、我慢できない性の問題がある
(    ) 許しがたい宗教活動がある(配偶者の承諾なくして宗教活動にのめりこむこと)

(例)

  • ・相手方の宗教活動は家事もしくは仕事などに悪影響を生んでいる
  • ・双方の宗教観が対立して我慢の限界である
(    ) 強い精神病に罹っていて回復の見込みがない

(例)

  • ・統合失調症、躁うつ病、頭部外傷などにより意思や感情の交わりができないほどの精神病に罹っている
  • ・認知症である
(    ) 認知症、難病、交通事故による重度の障害などがある
(    ) 見通しもなく転職を続け、安易に借金をする
(    ) 長期間にわたって別居している(5年以上)
(    ) 姑との折り合いが悪い
(    ) 犯罪行為や服役があり、家族の名誉を傷つけた
(    ) 自殺未遂があった
(    ) 性病感染があった
(    ) 夫が過度のマザコンである
(    ) 子供の虐待がある
 お客様情報
氏名:
性別: 男性 / 女性
連絡先電話番号:
メールを送信する (メーラーが起動します)
FAX用に印刷する(別ウィンドウが開きます)

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

離婚支援TOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。