基礎控除内の贈与|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 相続・相続税 相続・相続税に関するよくあるご質問

個人のお客様 相続・相続税 相続・相続税に関するよくあるご質問

相続税支援サービス


質問

基礎控除内の贈与だからといって安心していませんか?


回答

贈与税は、1年間にもらった金額が110万円を超えると税金がかかります。そこで、贈与金額を毎年110万円以内におさめておけば、10年後にはなんと1,100万円もの財産を贈与税を支払わずに移すことができてしまうのです!
ただし税務署に連年贈与(毎年繰り返す贈与)と指摘されないように方策が必要です。「毎年、子供に110万円ずつ10年間にわたって贈与する」と契約をしたならば、契約をした年に、有期定期金に関する権利(10年間にわたり毎年110万円ずつの給付を受ける権利)の贈与を受けたものとして贈与税の申告が必要となります。 税務署とトラブルにならないための対策として、以下のことがあげられます。

  1. 毎年、贈与する金額を変える
  2. 毎年、贈与をする日を変える
  3. 毎年、贈与をするごとに、贈与契約を結ぶ
  4. 贈与を受けました、という証拠を作る

例えば、銀行振り込みや、基礎控除額を上回る贈与をあえてして、贈与税申告書を作成・保存し、納税するなどです。


サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

基礎控除内の贈与TOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。