医療過誤・医療事故|弁護士法人法律事務所MIRAIO

医療過誤サービス

同じ過ちがくり返されないために。
そして、医療を安全で信頼できるものにするために。
ミライオは、医療過誤の被害に遭われた方が適正な補償を受けられるよう、
真実の解明をお手伝いします。

医療過誤事件とは

医療過誤事件とは、医療の過程における医療従事者の人為的なミス(過失)によって患者等に健康被害(死亡、後遺症等)が発生した事件のことです。

ここで、注意しなければいけないのは、すべての医療事故が医療過誤に当たるわけではないということです。
ここで医療事故とは、医療の過程において患者等に健康被害(死亡、後遺症等)が発生した事件のことです。
そして、医療行為は生きた人間に対して行われる以上、もとより不確実性があり、患者等に健康被害(死亡、後遺症等)の発生を完全に防ぐことはできません。
問題になる医療行為が、医療過誤にあたり医療機関が責任を負うのは、患者等に発生した健康被害(死亡、後遺症等)が、発生当時の医療水準を下回る医療行為によって引き起こされた場合に限られます。
つまり、患者等に健康被害(死亡、後遺症等)が発生したからといって、当然に医療過誤に当たるわけではないのです。

医療過誤訴訟の件数は年々増加していますが、その争点は、問題になる医療行為が医療水準を下回るものであるかどうかが問題になる点で、複雑かつ専門的である上、医療機関側の責任(過失行為等)は原告(患者側)の方で積極的に証明する必要があるため、一般的に患者側は苦戦を強いられます。

医師の助力が豊富に得られる病院側と対等に戦うには、医師の協力が不可欠ですが、医師のかばい合い体質等から、患者側に協力してくれる医師を探すことは極めて困難なのです。そして、原告側の立証が不十分な場合には、原告の主張する事実が認められないと裁判所に判断され、敗訴してしまうのです。

ミライオの強み

理念

過去6000件以上の医療相談を受けた過程で分かったことは、被害者や遺族の求めるものは、必ずしも金銭的な賠償ではないということです。被害者らが真に求めるのは、「被害に至った原因の解明」「医療機関の説明責任の履行」「謝罪や再発防止の手立て」などであり、これらの要求に医療機関がほとんど応えないがために、やむなく弁護士に相談して金銭賠償を求めて訴訟を提起するのです。
ミライオでは、医療過誤事件の被害者らが抱える真の悩みを共有し、「本当の解決とは何か」を常に考えながら、クライアントの法的支援を行います。

医師の協力体制

医療の過程でどのようなことがあったのか、それは医療ミスといえるのか、それは防ぎようがなかったのか、などについての究明は、臨床の第一線で活躍する医師の協力体制なくしては実現できません。
ミライオでは、専門分野の協力医師らと弁護士とが、各事例について症例検討会を重ね、真相の解明や過失の有無などの検討を行ないます。訴訟案件についても、このような過程を通じて、裁判が維持できる案件かどうかの絞込みをし、敗訴による二次的ダメージを極力防止します。

十分な調査

弁護士による無料の簡易診断の結果、医療過誤の疑いがある事案については、さらなる調査手続き(有料)をお勧めしています。調査手続きとは、入手したカルテの精査、医学文献の調査、協力医の意見聴取などを通じて、事実関係や法的責任の有無につき一定の結論を出す調査活動です。十分な調査手続きなくし、いきなり訴訟提起を受任することは原則としてありません。
調査の結果、医療過誤の可能性が高いと判断されたケースについては、病院側との示談交渉や訴訟手続きに入ります。なお、交渉や訴訟の受任に際しては、原則として、着手金は頂きません(弁護士費用は事件解決時の成功報酬のみ)。

豊富な相談実績

ミライオでは、2004年から2016年3月時点までで、約6000件以上の医療事故に関する法律相談を受けてきました。これらの症例は全てデータベース化され、受任事案を分析する際の貴重な資料として活用されています。また、かかる豊富なデータベースを基に「医療過誤を生まない病院づくり」という新規プロジェクトにも取り組んでいます。
  • ※歯科・美容整形・準医療行為(針灸院・整骨院・カイロプラクティック等)に関する事件につきましては、現在ご相談をお受けしておりません。悪しからずご了承ください。

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-783-005

受付時間

平日 10:00 〜 18:00

※上記以外と土日祝日は自動音声にて承ります。
※お電話頂く際には、番号をお確かめのうえおかけまちがいのないようにお願いします。

医療過誤サービス事前チェックシート

MIRAIOにお願いする際、以下のチェックシートに記入してメール、または送付いただけると、ご相談をスムーズに進めることができます。(必須ではありません。)
メールでご送付の方は、以下のテキストをコピーしてお使いください。
FAXでご送付の方は、下の印刷ボタンから印刷をして、ご記入ください。

あなたのことについて教えてください。
ヨミガナ(                                )
氏名(                                )
性別(男/女)
連絡先電話番号(自宅/勤務先/携帯)(                                )
住所

職業(                                                                )
生年月日(明・大・昭・平        年    月    日生(    歳))
秘密保持 当方からのご連絡の際、当事務所名を名乗ることは(可/否)
ご相談されたい医療事故の被害者について教えてください。
あなたとの関係(あなた自身/夫/妻/子供/孫/親/その他(                                ))
ヨミガナ(                                )
氏名(                                )
性別(男/女)
連絡先電話番号(自宅/勤務先/携帯)(                                )
住所

職業(                                                                )
勤務先名(                                                                )
生年月日(明・大・昭・平          年     月     日生(     歳))
秘密保持 被害者は、今回の相談のことを(知っている/知らない)
その医療事故について、事故を起こしたと思われる医療機関(病院や診療所など)や事故後の被害者の状況などについて教えてください。
医療機関の名称(                                )
所在地

担当医 診療科名(                                )
           医師名(                                )
治療の期間(          年     月     日)から(          年     月     日)
受診理由
医療事故の発生時期(          年     月     日) 医療事故の結果      (死亡/後遺症残存)
■死亡の場合 死亡年月日(          年     月     日)
死因
解剖の有無(解剖した/解剖していない)
解剖した場合(病理解剖/行政解剖/司法解剖)
■後遺症残存の場合※治療中の方は治療終了後、ご相談ください。 後遺症の内容 医師による後遺症診断(有/無)
有りの場合(後遺障害等級     級)
症状固定日(平成          年     月     日)
具体的な障害(                              )
被害後の治療および容態(                              )
事故前後の診療経過について、順を追って箇条書きで簡潔に教えてください。また、医師の説明等があれば、治療の経過ごとに併せて教えてください。
日時(                                        )     内容(                                                                                )
日時(                                        )     内容(                                                                                )
日時(                                        )     内容(                                                                                )
日時(                                        )     内容(                                                                                )
日時(                                        )     内容(                                                                                )
日時(                                        )     内容(                                                                                )
日時(                                        )     内容(                                                                                )
日時(                                        )     内容(                                                                                )
日時(                                        )     内容(                                                                                )
日時(                                        )     内容(                                                                                )
医療事故の交渉経緯や希望される医療事故の解決方法等について教えてください。
■今回の医療事故であなたが所持されている資料 □診断書 □死亡診断書 □手術同意書・説明書 □入院治療計画書 □カルテ
□レセプト □レントゲン写真 □母子手帳 □当時の日記やメモ □医師の書いたメモや手紙
□その他(                                                                                ) ■これまでの交渉の有無(有/無) 交渉したことがある方(相手方 :                                        )
(交渉時期:                                        )
(交渉結果:                                        ) ■他の弁護士への相談の有無(有/無) 相談したことがある方(弁護士名:                                        )
(相談時期:                                        )
(相談結果:                                        )
■医療事故に関する相手方の対応 ■問題解決への願い □真相を究明したい   □反省・謝罪してもらいたい
□再発を防止したい   □損害を金銭賠償してもらいたい
□その他(                                                                                )
■医療事故の原因に関するお考えをご記入ください ■ご相談に至った経緯 □医師や看護師の対応が悪かったから
□医療行為により障害/死亡の被害に遭ったから
□事前事後の説明がまったくなかったから
□家族や知人に専門家に相談してみるよう勧められたから
□ミスかどうかわからないから専門家に聞いてみたかった
□その他(                                                                                )
FAX用に印刷する(別ウィンドウが開きます)

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-783-005

受付時間

平日 10:00 〜 18:00

※上記以外と土日祝日は自動音声にて承ります。
※お電話頂く際には、番号をお確かめのうえおかけまちがいのないようにお願いします。


医療過誤TOPへ

法律事務所MIRAIOは法律サービスを「安心サービス産業」と位置づけています。
相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。