解決までの流れ|医療過誤|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 医療過誤 解決までの流れ

解決までの流れ

「医師の診断が間違っていると気づいたときには、すでに手遅れだった」「医師の治療ミスによって、重度の障害を負ってしまった」など、医療過誤・医療ミスの疑いを感じたら、次の手順にてMIRAIOにご相談ください。

STEP1 医療過誤だと思ったら…(相談する前に)

事実・経過メモの作成

「医療過誤かも」と思ったら、すぐに事実経過の整理をすることが重要です。以下の事柄について、必ず記憶をまとめたメモを作成しておいてください。

医師にかかるまでの状況 医師の診療を受けた日時、医師の問診内容、治療方針と、病気の経過についての見通しの説明内容 医師が下した治療方針に基づく処置・投薬・検査、病状の悪化状況 医療過誤と思った時期とその理由 医療事故発生時の状況と、医師の説明内容

医療過誤を起こした医師・病院などにその責任を追及する場合、患者側が苦労するのは、証拠の収集です。証拠の収集は、時間が経てば経つほど困難の度合いを増します。

STEP2 経過の聞き取り

経過の聞き取り面談の予約

事実経過メモを作成されたら、まずはお電話ください。弁護士が、事実経過等をお聞きし、弁護士面談の予約をさせていただきます。弁護士面談に必要な資料(母子手帳、入院治療計画書、手術同意書・説明書、診断書、死亡診断書等)をご案内し、そのコピーをMIRAIOまでお送りいただきます。

症例検討

お送りいただいた資料及びヒアリング内容を基に、協力医師・弁護士及び医療専門調査員による症例検討会を開催し、医療ミスが疑われる事案かどうか簡易診断を実施します。

STEP3 弁護士面談

面談

当所弁護士が簡易診断の結果を踏まえて、法的アドバイスをいたします。医療過誤が疑われる場合には、カルテの入手(開示・保全)をお勧めします。※医療過誤の疑いが極めて低い場合には、弁護士面談にて終了となります。

STEP4 調査受任(有料)

調査依頼の契約(調査受任)

調査活動についての委任契約です。調査費用は、カルテの入手の方法(下記A、B)により異なります。

カルテの入手

下記のいずれかの方法でカルテを入手します。A.法的手続きによるカルテの保全(証拠保全)病院によるカルテの改ざん・隠ぺいを防ぐために、裁判所に証拠保全の申立てをして、カルテを入手します。手続きはすべて当事務所弁護士が代理します。B.病院の任意によるカルテ開示(任意開示)お客様ご自身にて病院にカルテの開示を依頼していただき、カルテのコピーを入手します。

カルテの調査

協力医・弁護士が、カルテ内容から判明した事実関係(診療経過)に医学的知見をあてはめ、医師がやるべきことを怠った、もしくはすべきではないことをしたかどうか、いわゆる医療過誤の有無を分析します。※分析には約3か月から6か月のお時間をいただきます。

分析・調査結果の報告

医療過誤の有無の分析結果を「報告書」という目に見える形でお客様にご報告致します。調査結果に応じて、その後の手続き(交渉、訴訟等)のご案内をいたします。

STEP5 解決まで

調査の結果、医療過誤として法的責任が問いうると認められる場合には、以下の契約をご案内させていただきます。

示談交渉の開始(交渉受任)から示談成立へまたは交渉決裂

報告書の内容を踏まえ、相手方に損害賠償を請求する内容証明郵便を送付し、示談交渉を開始します。相手方から回答があればその内容を精査し、再反論書を送付します。なお、示談が成立するか又は交渉が決裂した時点で、交渉は終了します。

訴訟提起(訴訟受任)

裁判手続きにより、医療過誤責任の有無を裁判所に判断してもらいます。患者側の主張を裏付ける証拠の有無が勝敗を左右します。※訴訟の途中で、当時者同士が譲歩して合意し、訴訟が終了することもあります。

あなたのお悩みも、MIRAIOへ相談してみませんか!

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

事例紹介
よくあるご質問
費用について

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

解決までの流れTOPへ

法律事務所MIRAIOは法律サービスを「安心サービス産業」と位置づけています。
相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。