事例紹介|医療過誤|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 医療過誤 事例紹介

事例紹介

分娩監視を怠ったために死産に

医師・助産師の分娩監視義務違反により、胎児仮死の発見が遅れ、死産となった事例で、当事務所が示談交渉を行い、10ヶ月で病院側に賠償義務を認めさせました(賠償金900万円)。

出血性患者に血が止まらなくなる薬を投与

医師が、出血性脳梗塞の患者に対し、投薬してはならない薬(ワーファリン)を投与した結果、患者が脳出血を発症し死亡した事例で、当事務所が示談交渉を行い、病院側に一定の責任を認めさせました(賠償金約2,000万円)。解決までの期間は約1年間でした。

医師が糖尿病患者の血糖値管理を怠る

入院中の糖尿病患者に対し、医師が血糖値の管理を怠ったため、患者が死亡した事例で、当事務所が示談交渉を行い、9ヶ月で病院側に賠償義務を認めさせました(賠償金2,000万円)。

医師が子宮頚癌陽性の検査結果を見落とす

子宮頚癌に対するスクリーニングのため定期通院していた患者に対し、医師が子宮頚癌陽性の検査結果を見落とした結果、子宮頚癌に対する早期治療の機会を失った事例で、当事務所が示談交渉を行い、11ヶ月で病院側に賠償義務を認めさせました(賠償金約7,000万円)。

異常分娩に対する処置を怠り死産

出産時に子癇発作を発症したにもかかわらず、医師が速やかな処置を怠った結果、死産となった事例で、当事務所が示談交渉を行い、1年で病院側に賠償義務を認めさせました(賠償金800万円)。

骨折に対する手術中に腕の神経を損傷

骨折の患者に対する処置中に、医師が神経を損傷し、神経障害の後遺障害を残した事例で、当事務所が示談交渉を行い、8ヶ月で病院側に賠償義務を認めさせました(賠償金500万円)。

窒息の危険が予見された患者の監視を怠り死亡させる

医師が、急性喉頭蓋炎にて緊急入院した患者に対する厳重監視義務を怠った結果、患者が気道閉塞により窒息死した事例で、当事務所が訴訟を遂行し、第1審で勝訴しました。控訴審においても当事務所の主張が完全に認められ、裁判所から勝訴的和解勧告がなされ、和解が成立しました(賠償金 8,000万円)。

新生児の口・鼻が塞がれ、窒息

助産師が健康な新生児の呼吸状態の監視を怠ったため、児が窒息し、その後死亡したという事例にて、当事務所が示談交渉を行いましたが決裂し、提訴しました。第1審において勝訴的和解が成立しました(賠償金5,000万円)。

帝王切開時の麻酔でショックに

帝王切開前の麻酔管理上の過失により、麻酔ショックから低酸素脳症に陥ったという事案で、当事務所が提訴し、勝訴的和解を勝ち取りました(解決金7400万円)。

分娩監視を怠ったため脳症に

分娩管理上の過失により脳症を負った子が出生したという事例で、当事務所が示談交渉を行い、病院側に賠償義務を認めさせました(解決金9400万円)。他にも同様の事案があります(解決金2850万円)。

大動脈解離の見落とし

大動脈解離の見落とし事例につき、当事務所が示談交渉を行いましたが決裂し、提訴後、裁判上和解が成立しました(解決金2300万円)。

回復手術後のドレナージ中に合併症

大腸癌に対する開腹手術後のドレナージ中に腸損傷等の合併症を生じたとされる事例で、当事務所が示談交渉を行いましたが決裂し、提訴となりました。その後裁判上和解が成立しました(解決金1100万円)。

胃全摘手術で血管損傷

胃癌全摘手術中に大血管を損傷し、心タンポナーデを起こして死亡したという事例で、当事務所が示談交渉を行い、11か月で病院側に賠償義務を認めさせました(賠償金2150万円)。

呼吸困難で受診の患者が死亡

受診時に呼吸困難を訴えていた患者が入院後に死亡し、死因が争点となった事例で、当事務所が示談交渉を行い、一定の解決金を勝ち取りました(解決金3000万円)

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

事例紹介TOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。