メールでのお問い合わせ、
資料請求はこちらから

B型肝炎の母子感染|弁護士法人法律事務所MIRAIO


母子感染について

妊婦はB型肝炎ウイルス検査をしなければいけませんか?

初めての妊娠で、それまでにB型肝炎ウイルス(HBV)検査を受けていない妊婦の方は、必ず受けるようにしてください。
B型肝炎ウイルス(HBV)に感染しているかどうかは、血液検査でHBs抗原を調べることにより、簡単に知ることができます。
妊婦検診でHBs抗原が陽性であることがはじめて分かった人のほとんどは、B型肝炎ウイルス持続感染者(HBVキャリア)であることが分かっています。我が国における妊娠可能な年齢層でのHBs抗原陽性率は、19歳以下で0.23%、20〜29歳で0.52%、30〜39歳で0.84%であることが分かっています。 HBs抗原陽性であることが分かったら、必ずHBe抗原、HBe抗体の検査を受けるようにしてください。これらの検査は、生まれてくるお子さんのために大切な検査です。

閉じる

B型肝炎ウイルス持続感染者の母親から生まれた子供への感染のリスクはどのくらいですか?

過去の研究から、HBe抗原陽性のB型肝炎ウイルス持続感染者(HBVキャリア)の母親から生まれた子供は、B型肝炎ウイルス(HBV)の母子感染予防措置を行わないで放置した場合、そのほぼ100%にB型肝炎ウイルス(HBV)が感染し、このうちの85〜90%が持続感染状態に陥る(キャリア化する)ことが分かっています。
一方、HBe抗体陽性の母親から生まれた子供では、約10〜15%にB型肝炎ウイルス(HBV)の感染が起こりますが、キャリア化することはまれであることが分かっています(ただし、ごくまれに生後2〜3ヶ月で劇症肝炎を発症する場合があることが知られています)。
妊婦検診でHBe抗原陽性のB型肝炎ウイルス持続感染者(HBVキャリア)であることが分かった場合でも、分娩直後に適切なHBVの母子感染予防措置を行えば、生まれた子供の95%〜97%について、キャリア化を阻止することができます。妊婦検診でHBe抗体陽性のHBVキャリアであることが分かった場合でも、念のために出生直後の児に対してB型肝炎ウイルス(HBV)の母子感染予防措置を行っておくことをお勧めします。
なお、B型肝炎ウイルス(HBV)の母子感染予防には、保険医療が適用されます。

閉じる

母が感染していて、私もそこから感染したようです。手続きの進め方はどのようになるのでしょうか。

お母様から感染されている方、母子感染の方については、お母様が1次感染者として救済対象になる場合に限って、救済対象になる可能性があります。
したがって、まずは先行してお母様の資料収集から始めることになります。
ただ、お母様の資料収集の過程で、請求できるか否かがはっきりしてくることが多くあります。
その場合には、その段階から親子で同時並行的に資料収集をして、親子で提訴をされている方々も多くいらっしゃいます。

閉じる

母が感染していて、私もそこから感染したようです。ただ、母は亡くなっているのですが、そのような場合でも手続きはできるのでしょうか。

お母様が亡くなられている場合であっても、お母様が1次感染者として救済対象になる事が確認できれば、救済対象になる可能性はございます。
お母様が亡くなられている場合には、今からお母様の血液検査をすることはできませんが、お母様の過去の記録や、ご自身の医療記録などから母子感染が証明できることもあるからです。
まずはご相談ください。

閉じる

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-783-005

受付時間

平日 10:00 〜 18:00

※上記以外と土日祝日は自動音声にて承ります。
※お電話頂く際には、番号をお確かめのうえおかけまちがいのないようにお願いします。


B型肝炎の母子感染TOPへ

法律事務所MIRAIOは豊富な医療訴訟の経験をもとにB型肝炎訴訟の解決に取り組んでおります。
無料相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。