メールでのお問い合わせ、
資料請求はこちらから

B型慢性肝炎とは|弁護士法人法律事務所MIRAIO


  • B型肝炎訴訟TOP
  • 給付金かんたんチェック
  • 解決までの進めかた
  • ミライオの強み
  • B型肝炎訴訟提訴実績
  • 弁護士費用
  • よくあるご質問

B型慢性肝炎

 びーがたまんせいかんえん chronic hepatitis B
B型肝炎ウイルス(HBV)に感染することにより発症する肝炎です。HBVキャリア(HBVを体内にもっている人)の血液や体液に接することにより感染します。
以前多かった輸血や注射器の使い回しによる感染は現在ではほとんどなく、多くは性行為や、覚醒剤乱用における汚染針の使いまわしによる感染、またはHBVキャリアの母親から生まれた子供への感染です(現在は、HBV母子感染防止策がとられています)。
ほかの肝炎ウイルスは肝臓の細胞を直接破壊しますが、B型肝炎ウイルスは肝臓に感染し、その結果おこる免疫反応で肝臓の細胞が破壊されます。
A型肝炎と異なり、激しい症状をもたらす劇症肝炎に移行したり、急性期を過ぎてから慢性化するのがこの肝炎の特徴です。

子どもの感染は、そのほとんどが、血液中にHBs抗原をもつ、B型肝炎の母親からの母子感染で、父子感染はまれです。現在では、出生後すぐにB型肝炎ウイルスに対する抗体を高濃度に含むガンマグロブリン製剤が新生児に注射されます。その後、ワクチンが3回接種されて子供自身にウイルスに対する抵抗力をつくらせ、母親のウイルスが体内に入っても排除できるようにします。これで母子感染を90%以上予防できます。

成人後の感染では、70〜80%は症状が出現せず自然に治癒します。残りは急性肝炎を発症した後、ほとんどが治癒し、慢性化するのは1〜2%です。
母子感染も含め3歳頃までに感染した場合は80〜90%ほどがキャリア化し、その多くは免疫機構が発達する20歳前後で肝炎を発症します。しかし、慢性化するのはそのうち10%ほどで、残りは症状がなく肝機能も正常な無症候性キャリアという状態で一生を過ごします。悪化する例では、慢性肝炎発症後20〜30年で肝硬変に移行し肝がんを発症しますが、慢性肝炎や無症候性キャリアから肝がんに移行する場合もあるため、定期的な肝がん早期発見のための検査が必要です。

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-783-005

受付時間

平日 10:00 〜 18:00

※上記以外と土日祝日は自動音声にて承ります。
※お電話頂く際には、番号をお確かめのうえおかけまちがいのないようにお願いします。


B型慢性肝炎TOPへ

法律事務所MIRAIOは豊富な医療訴訟の経験をもとにB型肝炎訴訟の解決に取り組んでおります。
無料相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。