メールでのお問い合わせ、
資料請求はこちらから

肝がん(肝細胞がん)とは|弁護士法人法律事務所MIRAIO


  • B型肝炎訴訟TOP
  • 給付金かんたんチェック
  • 解決までの進めかた
  • ミライオの強み
  • B型肝炎訴訟提訴実績
  • 弁護士費用
  • よくあるご質問

肝がん(肝細胞がん)

 かんがん(かんさいぼうがん) hepatocellular carcinoma
肝がんは、肝臓にできたがんの総称で、原発性肝がんと転移性肝がんとに大別することができます。
原発性肝がんは肝臓から発生したものをいい、肝細胞がん・肝臓内の胆管にできる肝内胆管がん(胆管細胞がん)・肝細胞がんと胆管細胞がんの混合型・肝肉腫・肝芽腫・嚢胞腺がんがあります。
原発性肝がんの90%以上を占めるのが、肝細胞がんです。肝細胞は、肝臓の働きを担っている細胞で、栄養素の代謝・分解・合成・排泄などにかかわっています。日本で肝細胞がんになりやすいのは、60歳代を中心にした世代で、4〜5対1の割合で男性のほうが多くなっています。
転移性肝がんは、肝臓以外の臓器・組織から転移してきたものをいいます。肝がん全体の4分の3は、転移性がんです。

肝細胞がんになった人の多くが、慢性肝炎か肝硬変を患っています。とくにC型肝炎ウイルスに感染した人が、慢性肝炎、肝硬変へと進み、発がんする例が目立っています。肝細胞がんのうち、C型肝炎ウイルスに関係する例が約75%、B型肝炎ウイルスは約15%、アルコールに関係する例は約10%といわれます。
C型肝炎ウイルスに感染後、慢性肝炎、肝硬変を経て20〜30年して発がんする例が典型的です。このため、C型慢性肝炎、B型慢性肝炎、肝硬変を、高危険群(ハイリスク・グループ)と呼んでいます。このなかでもC型慢性肝炎、B型慢性肝炎は超高危険群とされます。

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-783-005

受付時間

平日 10:00 〜 18:00

※上記以外と土日祝日は自動音声にて承ります。
※お電話頂く際には、番号をお確かめのうえおかけまちがいのないようにお願いします。


肝がん(肝細胞がん)TOPへ

法律事務所MIRAIOは豊富な医療訴訟の経験をもとにB型肝炎訴訟の解決に取り組んでおります。
無料相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。