メールでのお問い合わせ、
資料請求はこちらから

肝性脳症(肝性昏睡)とは|弁護士法人法律事務所MIRAIO


  • B型肝炎訴訟TOP
  • 給付金かんたんチェック
  • 解決までの進めかた
  • ミライオの強み
  • B型肝炎訴訟提訴実績
  • 弁護士費用
  • よくあるご質問

肝性脳症(肝性昏睡)

 かんせいのうしょう(かんせいこんすい) hepatic encephalopathy
肝性脳症とは、肝硬変の末期や劇症肝炎などの原因によって、肝不全におちいったときにみられる意識障害などを中心とする精神神経症状をさします。
後から振り返ってはじめて気付く程度の、落ち着かない、イライラする、ぼんやりする、夜に眠れず昼間に寝ているなどの睡眠パターンの変化などの軽い症状のT度から、痛みの刺激にも反応しない深い昏睡状態となる、重篤なX度まで5段階に分類されます。
発症のしくみとしては、アンモニア、低級脂肪酸、メルカブタンやγ-アミノ酪酸などが肝臓で代謝・解毒されず血液中に増加し、さらに脳内に移行するためと考えられます。なかでもアンモニアはもっとも重要な因子と考えられています。
肝機能が低下するとアンモニア処理能力が落ちるだけでなく、本来腸管からの血液を肝臓に運び込む門脈の流れが悪化し、ときには逆流してしまうため、アンモニアが直接全身に回ることになります。

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-783-005

受付時間

平日 10:00 〜 18:00

※上記以外と土日祝日は自動音声にて承ります。
※お電話頂く際には、番号をお確かめのうえおかけまちがいのないようにお願いします。


肝性脳症(肝性昏睡)TOPへ

法律事務所MIRAIOは豊富な医療訴訟の経験をもとにB型肝炎訴訟の解決に取り組んでおります。
無料相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。