メールでのお問い合わせ、
資料請求はこちらから

プロパゲルマニウム製剤(セロシオン)とは|弁護士法人法律事務所MIRAIO


  • B型肝炎訴訟TOP
  • 給付金かんたんチェック
  • 解決までの進めかた
  • ミライオの強み
  • B型肝炎訴訟提訴実績
  • 弁護士費用
  • よくあるご質問

プロパゲルマニウム製剤(セロシオン)

 ぷろぱげるまにうむせいざい(せろしおん) 
プロパゲルマニウム製剤は、B型肝炎の治療薬として、1994年に発売された薬です。細胞性免疫賦活作用(ウイルス感染細胞の排除)、ウイルス増殖の抑制作用などをあわせもつ内服剤で、注射剤のインターフェロンと同じ効果がありますが、インターフェロンに比べて副作用が少ないという特長をもっています。

副作用として、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、倦怠感、食欲不振、発疹などの過敏症状が現れることがあります。
また、セロシオン投与患者において慢性B型肝炎が急性増悪することがあり、死亡例が報告されています。そのため、現在は、黄疸のある患者、肝硬変のある患者、肝硬変の疑われる患者には禁忌となっており、肝機能検査を2週間ごとに行い異常が認められたら、ただちに中止するなど細かな使用上の注意が定められています。そのため、現在では、あまり用いられていないようです。

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-783-005

受付時間

平日 10:00 〜 18:00

※上記以外と土日祝日は自動音声にて承ります。
※お電話頂く際には、番号をお確かめのうえおかけまちがいのないようにお願いします。


プロパゲルマニウム製剤(セロシオン)TOPへ

法律事務所MIRAIOは豊富な医療訴訟の経験をもとにB型肝炎訴訟の解決に取り組んでおります。
無料相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。