メールでのお問い合わせ、
資料請求はこちらから

テノホビル アラフェナミド フマル酸塩(ベムリディ)とは|弁護士法人法律事務所MIRAIO


  • B型肝炎訴訟TOP
  • 給付金かんたんチェック
  • 解決までの進めかた
  • ミライオの強み
  • B型肝炎訴訟提訴実績
  • 弁護士費用
  • よくあるご質問

テノホビル アラフェナミド フマル酸塩(ベムリディ)


てのほびる あらふぇなみど ふまるさんえん(べむりでぃ) 
べムリディは、既承認のB型慢性肝炎治療薬テノホビル(テノゼット)の新規プロドラッグで、2016年11月に承認されました。(2017年2月15日より発売開始)
テノホビル(テノゼット)の1/10以下の用量で、テノホビル(テノゼット)と同様の、高い抗ウイルス効果を発揮します。 承認用量は、テノゼットの300rに対し、ベムリディは25rです。(ともに1日1回の投与)

また、ベムリディは、テノホビル(テノゼット)と比べ、血漿中の安定性が高く、薬理作用を効果的に肝細胞に送達することができ、その結果、投薬量および血中のテノホビル濃度の低減を実現しました。そして、テノホビル(テノゼット)の特徴的な有害事象として知られる、腎機能障害や、骨密度の低下の軽減も期待されます。

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-783-005

受付時間

平日 10:00 〜 18:00

※上記以外と土日祝日は自動音声にて承ります。
※お電話頂く際には、番号をお確かめのうえおかけまちがいのないようにお願いします。


テノホビル アラフェナミド フマル酸塩(ベムリディ)TOPへ

法律事務所MIRAIOは豊富な医療訴訟の経験をもとにB型肝炎訴訟の解決に取り組んでおります。
無料相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。