メールでのお問い合わせ、
資料請求はこちらから

(2ページ目) B型肝炎訴訟の関連用語集|弁護士法人法律事務所MIRAIO


  • B型肝炎訴訟TOP
  • 給付金かんたんチェック
  • 解決までの進めかた
  • ミライオの強み
  • B型肝炎訴訟提訴実績
  • 弁護士費用
  • よくあるご質問
急性の肝炎の中でも、肝細胞の破壊がとくに急激に進行して、肝性脳症などの肝不全状態が出現した状態です。進行の速度によって急性と亜急性型に分けられます。
肝性脳症の出現が、発症10日以内か、11日...
肝臓に、中性脂肪(トリグリセリド)が蓄積した状態です。肝小葉の約3分の1を脂肪が占めるようになると、脂肪肝と診断されます。これといった自覚症状はなく、健康診断などで偶然発見されることがほとんどです。腹...
アルコールの飲み過ぎによって最初におこる状態であり、大量飲酒者のほとんどにみられます。肝臓に、中性脂肪が蓄積した状態です。アルコールにより肝臓での脂肪の代謝が障害され、脂肪が肝臓にたまることが主な原因...
肝臓内に中性脂肪が貯まった状態を脂肪肝といいますが、アルコールをほとんど飲まない人に起こる脂肪肝を、非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)と呼んでいます。
非アルコール性脂肪肝疾患は進行せず良...
自身の免疫反応が深く関与して引き起こされる病気です。好発年齢は40〜50歳で、男女比は1対7です。一般的に遺伝しないと考えられています。
急性肝炎で発症する人から、健康診断などで検査値異常を指...
C型肝炎ウイルスは、おもに血液を介して肝炎をおこします。母親から出生時に母子感染することもありますが、頻度はウイルス量の多い母親から10%程度と考えられ、母子感染しても3歳までにウイルスが消失すること...
肝性脳症とは、肝硬変の末期や劇症肝炎などの原因によって、肝不全におちいったときにみられる意識障害などを中心とする精神神経症状をさします。
後から振り返ってはじめて気付く程度の、落ち着かない、イ...
ウイルスをもつ母親から生まれた子供にウイルス感染が生ずることを母子感染といいます。
B型肝炎ウイルスがその代表で、これは、胎児が産道を通って生まれるときに大量の母親の血液を浴びるためといわれて...
B型肝炎ウイルスの母子感染の予防は国家的事業と認められ、1995年(平成7年)からは、HBs抗原陽性の母親から生まれたすべての子どもが、保険診療で感染予防措置を受けられます。出生後すぐ(場合によって生...
体内にB型肝炎ウイルス(HBV)に対する抗体を作り、HBVの感染を予防するための注射薬です。
B型肝炎ワクチンはHBs抗原に免疫賦活剤(免疫を活性化する薬)を吸着させたもので、一般に3回の接種...

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-783-005

受付時間

平日 10:00 〜 18:00

※上記以外と土日祝日は自動音声にて承ります。
※お電話頂く際には、番号をお確かめのうえおかけまちがいのないようにお願いします。


用語集TOPへ

法律事務所MIRAIOは豊富な医療訴訟の経験をもとにB型肝炎訴訟の解決に取り組んでおります。
無料相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。