メールでのお問い合わせ、
資料請求はこちらから

(7ページ目) B型肝炎訴訟の関連用語集|弁護士法人法律事務所MIRAIO


肝動脈塞栓療法(TAE)は、がんの病巣に栄養を運んでいる血管(肝動脈)を人工的にふさいで、血流をストップさせてがん細胞を死滅させる方法です。血流が断たれることで、がん細胞が増殖するための栄養が届かな...
肝庇護療法とは、インターフェロン(IFN)治療のように、ウイルスを排除して肝炎を治すという治療方法ではなく、AST(GOT)、ALT(GPT)の数値を下げて炎症を抑え、肝臓が肝炎からその先の肝硬変や肝...
抗ウイルス療法とは、薬によりウイルスの増殖を抑えることを目的とした治療法で、注射により体外からインターフェロンを補うインターフェロン療法と、経口薬によるエンテカビル治療、ラミブジン治療、アデホビル ピボ...
B型肝炎の免疫療法では、主にステロイドリバウンド療法が行われます。ステロイドリバウンド療法とは、ステロイドを使用することで一時的に体の免疫機能を低下させ、その後、使用を急に中止することで人本来の免疫...
肝移植とは、末期肝不全の患者の肝臓を摘出し、健康な肝臓を移植する治療法です。肝細胞癌・肝硬変・急性肝不全・劇症肝炎・胆道閉鎖症などで肝機能が著しく悪化し、内科的治療や肝切除などの外科治療では効果が期...
肝切除術とは、外科的に癌を切除する方法です。周囲の肝組織を含めて病巣を摘出するので、最も確実な治療法といえます。肝臓は生命維持に不可欠な臓器であり、全部を切り取ることはできませんが、正常の肝臓では3...
核酸アナログ製剤とは、B型肝炎の抗ウイルス療法に用いられる経口薬のひとつで、ウイルスが増殖する際に作用する酵素の働きを抑え、ウイルスの増殖を抑える効果があります。薬を飲んでいる間は、B型肝炎ウイルス...
ラミブジンは、核酸系逆転写酵素阻害作用を有する抗ウイルス薬であり、B型肝炎ウイルス(HBV)の増殖を抑制する経口製剤です。ラミブジンはもともとは、エイズ治療薬(エピビル錠)として開発され使用されてい...
アデホビルピボキシルは、逆転写酵素阻害作用を有する抗ウイルス薬で、B型肝炎ウイルス(HBV)の増殖を抑える経口製剤です。アデホビルは、2004年に、ラミブジン耐性となったB型慢性肝炎及びB型肝硬変に...
エンテカビル水和物は、核酸系逆転写酵素阻害作用を有する抗ウイルス薬であり、B型肝炎ウイルス(HBV)の増殖を抑制する経口製剤で、2006年に認可されました。ラミブジン耐性ウイルスに対しても、エンテカ...

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-783-005

受付時間

平日 10:00 〜 18:00

※上記以外と土日祝日は自動音声にて承ります。
※お電話頂く際には、番号をお確かめのうえおかけまちがいのないようにお願いします。


用語集TOPへ

法律事務所MIRAIOは豊富な医療訴訟の経験をもとにB型肝炎訴訟の解決に取り組んでおります。
無料相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。