メールでのお問い合わせ、
資料請求はこちらから

機能性ディスペプシアとは|弁護士法人法律事務所MIRAIO


  • B型肝炎訴訟TOP
  • 給付金かんたんチェック
  • 解決までの進めかた
  • ミライオの強み
  • B型肝炎訴訟提訴実績
  • 弁護士費用
  • よくあるご質問

機能性ディスペプシア

 きのうせいでぃすぺぷしあ Functional Dyspepsia
近年、からだに異常がみられない、胃の不快感やはっきりしない不調は、機能性ディスペプシアという疾患名で診断されるようになってきました。
上部消化管内視鏡検査によって、症状を説明できるような病変がなく、@つらいと感じる食後膨満感、A早期満腹感、Bみぞおち付近の痛み、Cみぞおち付近の焼ける感じ、これらのうちの1つ以上を認め、少なくとも6ヶ月以前に診断され、最近3ヶ月間症状が続いている時に、機能性ディスペプシアと診断されることになりました。
機能性ディスペプシアは、さらに、症状の現れ方によって、食後愁訴症候群(PDS)と心窩部痛症候群(EPS)の2つの症状群に分類されて診断されます。

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-783-005

受付時間

平日 10:00 〜 18:00

※上記以外と土日祝日は自動音声にて承ります。
※お電話頂く際には、番号をお確かめのうえおかけまちがいのないようにお願いします。


機能性ディスペプシアTOPへ

法律事務所MIRAIOは豊富な医療訴訟の経験をもとにB型肝炎訴訟の解決に取り組んでおります。
無料相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。