メールでのお問い合わせ、
資料請求はこちらから

黄疸とは|弁護士法人法律事務所MIRAIO


  • B型肝炎訴訟TOP
  • 給付金かんたんチェック
  • 解決までの進めかた
  • ミライオの強み
  • B型肝炎訴訟提訴実績
  • 弁護士費用
  • よくあるご質問
血液中に、黄色い胆汁色素であるビリルビンという物質が異常に増えて、組織に蓄積した結果、皮膚や眼球結膜などが黄色みをおびた状態になることを黄疸といいます。
ビリルビンは、古くなった赤血球が壊される時、その中のヘモグロビンから作られ、健康な人では血液1dl中に0.2〜1.0mgみられます。これが2〜3mg以上になると、白目や肌が黄色くなり、人によっては尿が茶褐色のビール色を帯びてきたり、便の色が白色になって黄疸に気づく場合もあります。
黄疸がおこるのは、急性肝炎肝硬変などの病気の他に、胆石やがんによって、胆汁の流れる道がふさがれてしまう閉塞性黄疸、溶血性貧血という血液の病気、生まれつき黄疸を示す体質性黄疸など、さまざまな病気でおこってきます。

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-783-005

受付時間

平日 10:00 〜 18:00

※上記以外と土日祝日は自動音声にて承ります。
※お電話頂く際には、番号をお確かめのうえおかけまちがいのないようにお願いします。


黄疸TOPへ

法律事務所MIRAIOは豊富な医療訴訟の経験をもとにB型肝炎訴訟の解決に取り組んでおります。
無料相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。