保全手続支援サービス|裁判手続き支援サービス|金銭トラブル|弁護士法人法律事務所MIRAIO

個人のお客様 金銭トラブル 裁判手続支援サービス

裁判手続支援サービス 複雑かつ煩雑な裁判所への申立てやその後の手続きを弁護士が支援します。

保全手続支援サービス

弁護士が、保全手続を支援、又は、申立代理人として手続を追行します。

仮に、裁判を起こす前の段階で、相手方に財産があったとしても、裁判中にその財産が売却されるなどして相手方に財産がない状態となってしまうと、裁判に勝ったとしても現実に売掛金を回収することは、事実上不可能となります。
そこで、裁判を起こす前に、相手方の財産を仮に差し押さえるなどして、その財産が相手方から流出することを防ぐ手続があります。このような手続を保全手続といいます。

保全する財産としては、相手の保有する不動産、預貯金、売掛金債権、請負代金債権などがあります。

1.書面作成代行サービス

弁護士が、貴社のために、申立書その他の裁判書面を作成するお手伝いをします。本サービスでは、貴社担当者に申立をしていただき、必要があれば裁判所にも出廷していただく必要があります。

2.手続代行サービス

弁護士が、貴社の代理人として、裁判手続を追行します。本サービスでは、証人尋問等の手続を除き、原則として、貴社ご担当者が出廷なさる必要はありません。

POINT!保全担保金

仮差押命令等の発令を受けるためには、原則として貴社が供託所に担保金を収める必要があります。具体的な金額は裁判所が決するので、一概には言えません。金額の大まかな見通しについては、個別に弁護士に御相談下さい。

あなたのお悩みも、MIRAIOへ相談してみませんか!

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

よくあるご質問
費用について

サービスに関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

保全手続支援サービスTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。