知らない会社から商品代金を請求されたので、間違いだと思い、支払わずにいたら、突然、裁判所から訴状が届いた。うちの会社には関係がないので放っておいてもよいでしょうか。|事例紹介|紛争・トラブル解決/契約書作成サービス|弁護士法人法律事務所MIRAIO

法人のお客様 国内企業法務サポート 紛争・トラブル解決/契約書作成サービス 事例詳細
紛争・トラブル解決/契約書作成サービス 事例詳細

相談の経緯

知らない会社から商品代金を請求されたので、間違いだと思い、支払わずにいたら、突然、裁判所から訴状が届いた。
うちの会社には関係がないので放っておいてもよいでしょうか。

MIRAIOからの支援内容

訴状の内容に対して、会社としての言い分を書いて裁判所に書面(答弁書)を期限までに提出しなければいけません。
もし、答弁書も出さず、裁判期日にも出席しなければ、相手の言い分通りの判決が出て、支払いが必要となる可能性がありますので、訴状が届いたらすぐにMIRAIOへご相談下さい。

その他以下の場合もご相談ください。

  • 裁判所から突然訴状が届いた
  • 代金の支払を待ってもらっていたら訴えられた
  • 取引先のミスで契約が切られたので、損害賠償を請求したい
  • 数年間に渡る取引先とのトラブルが片付かないので、裁判で決着させたい

など

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

このページのTOPへ

法律事務所MIRAIOは法律サービスを「安心サービス産業」と位置づけています。
相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。