今度中国の企業と販売店契約を締結することになりました。先方が契約書案を提示すると言っているが、それでは不安なので、自社から契約書案を提示したいと考えています。しかし、中国企業との契約書を作成したことがないので、中国企業との契約書を作成してもらえませんか?|事例紹介|紛争・トラブル解決/契約書作成サービス|弁護士法人法律事務所MIRAIO

法人のお客様 国内企業法務サポート 紛争・トラブル解決/契約書作成サービス 事例詳細
紛争・トラブル解決/契約書作成サービス 事例詳細

相談の経緯

今度中国の企業と販売店契約を締結することになりました。
先方が契約書案を提示すると言っているが、それでは不安なので、自社から契約書案を提示したいと考えています。
しかし、中国企業との契約書を作成したことがないので、中国企業との契約書を作成してもらえませんか?

MIRAIOからの支援内容

国内間の取引でも契約書は重要ですが、中国企業等の海外の企業との取引では、日本と法律が異なるために、契約書が特に重要な意味を持ちます。
中国企業との契約に限らず、国際取引の契約書においては、争いが起きた場合にどこの国で解決をするのか、準拠法や使用言語の定め等、国際取引特有の内容があります。
MIRAIOでは、国際取引に関する契約書にも対応いたします。
特に中国企業との契約書については、提携している上海の弁護士と連携して対応いたします。

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

このページのTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。