当社は株式上場を考えていますが、実際、上場審査では、どんなことが問題となりますか?|よくあるご質問|労務マネジメント|弁護士法人法律事務所MIRAIO

法人のお客様 国内企業法務サポート 労務マネジメント よくあるご質問
労務マネジメント 労務マネジメントに関するよくあるご質問

労務コンプライアンスサービス


質問

当社は株式上場を考えていますが、実際、上場審査では、どんなことが問題となりますか?


回答

上場審査では、具体的に、次のような質問がされ評価の対象となります。

  • 年俸額の決定方法を具体的に例示して下さい。
  • 年俸額に時間外勤務手当が含まれている場合は、その手当の決定方法も併せて説明して下さい。
  • 従業員の方の社会保険の加入状況について具体的に説明して下さい。
  • 一般の従業員の勤怠管理の具体的手続について説明して下さい。
  • 超過勤務時間管理に関する勤怠管理手続について具体的に説明して下さい。
  • 貴社における管理監督者の範囲と定義について説明して下さい。
  • 36協定を含む全ての労働協約その他の労働契約の締結状況について説明して下さい。
  • 従業員の方などとの間で係属している訴訟、訴訟に発展しそうな問題、その他のトラブル等の有無について説明して下さい。
  • 雇用契約の解除又は終了に関する取決めについて説明して下さい。
  • 競業避止、秘密保持、知的財産に関する契約の内容について説明して下さい。

などが、上場審査の一部です。しかし最近では、株式上場だけでなく、M&A、事業譲渡などでも労働基準法等労働関連法令を厳守しているかが、重要なポイントになっています。
そのため事前の労務監査が必須といえます。
ぜひ、弁護士法人 法律事務所MIRAIOにご相談を!!


サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

このページのTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。