就業規則に必ず記載しなければいけない事項はありますか?|よくあるご質問|労務マネジメント|弁護士法人法律事務所MIRAIO

法人のお客様 国内企業法務サポート 労務マネジメント よくあるご質問
労務マネジメント 労務マネジメントに関するよくあるご質問

就業規則作成変更整備サービス


質問

就業規則に必ず記載しなければいけない事項はありますか?


回答

就業規則には、必ず記載しなければならない「絶対的必要記載事項」、定めをする場合には記載する「相対的必要記載事項」、さらに会社独自に定める「任意的記載事項」があります。

【絶対的必要記載事項】
 1)始業及び終業の時刻
 2)休憩時間
 3)休日
 4)休暇
 5)賃金(賃金の決定・計算・支払方法、賃金の締切・支払の時期、昇給)
 6)退職に関する事項(解雇の事由含む)

【相対的必要記載事項】
 1)退職金(適用される範囲、決定計算・支払方法、支払の時期)
 2)臨時の賃金等(退職金を除く)及び最低賃金に関する事項
 3)安全及び衛生に関する事項
 4)職業訓練に関する事項
 5)災害補償及び業務外の傷病扶助に関する事項
 6)表彰及び制裁の定めをする場合にはその種類及び程度に関する事項
 7) その他当該事業場の全ての従業員に適用される事項

【任意的記載事項】
会社の経営理念や就業規則の目的について書かれたもの


サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

このページのTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。