当社では、管理職には年俸制を適用しておりますが、一般職にもこの制度を採り入れようと検討中です。その際、時間外等の割増賃金の取扱いはどのようにしたらよいのでしょうか?|よくあるご質問|労務マネジメント|弁護士法人法律事務所MIRAIO

法人のお客様 国内企業法務サポート 労務マネジメント よくあるご質問
労務マネジメント 労務マネジメントに関するよくあるご質問

労働相談/労働トラブル解決支援サービス


質問

当社では、管理職には年俸制を適用しておりますが、一般職にもこの制度を採り入れようと検討中です。
その際、時間外等の割増賃金の取扱いはどのようにしたらよいのでしょうか?


回答

一般職の従業員に年俸制を適用する場合には、毎月の労働時間を把握し、超過労働に対しては、年俸とは別に割増賃金を支払わなくてはなりません。
ただし、割増賃金に相当する額を年俸に含めて支払う場合にも、実際の労働時間が年間の割増賃金に相当する時間数を超えるときは、その部分について、別途割増賃金を支払わなければならないことには、注意して下さい。


サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

このページのTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。