人事労務相談|労務マネジメント|弁護士法人法律事務所MIRAIO

法人のお客様 国内企業法務サポート 労務マネジメント 労働相談/労務トラブル解決支援サービス

労務マネジメント 労働相談/労務トラブル解決支援サービス

労務トラブルを解決します!

従業員とトラブルが起きそうだ・・・
トラブルが起きてしまい解決が難しい・・・
労務管理がうまく機能できていない・・・
そんな時、弁護士法人 法律事務所MIRAIOにご相談ください。

参考事例

キャラクター商品の小売業をしています。今は、正社員6名、パートタイマー10名で会社を経営しています。最近の業績不振により、パートタイマー7名の解雇を考えているところです。ところが、その解雇を行なうことが全社員に知るところとなり、パートタイム社員と労務トラブルが発生しました。

MIRAIOに依頼

パートタイム社員であっても、雇い止めの手続きを適法に行ない、整理解雇の4要件を基準に行なう必要があることを伝えました。整理解雇の4要素とは、1.人員整理の必要性2.解雇回避努力3.人選の合理性4.手続きの妥当性です。B社の場合、2名のパートタイマーが5年以上継続して契約更新をしており、業務内容も正社員と同様だったため、整理解雇の4要素を基準にする必要があることも理解していただきました。解雇予定のパートタイマーに人員整理の必要性と内容について、前もって説明会を開き、誠意を持って納得してもらいました。また、パートタイム社員との労務トラブルが発生した原因についても解明。B社はパートタイマー社員との誤解を解き、さらに人員整理に対する理解も得ることができました。

  • 事例一覧
  • サービスの流れ
  • よくあるご質問

労務相談、労務トラブル解決支援サービス

労務トラブルに悩んでいませんか?

労使間のトラブルが急増しています。
人事労務に関するトラブルは、就業規則や評価・報酬等における労使相互の認識不足など、小さな「ボタンの掛け違い」が原因となっていることが少なくありません。顕在化する前の予防策、問題が顕在化した後、さらには万一訴訟に発展してしまった状況に対しても、弁護士、社会保険労務士、企業実務経験者等で構成されたチームが、問題点を根源から明らかにし解決対処いたします。

対象企業 労働者とのトラブルを抱えている企業様、労務トラブルの対策をしたい企業様

サービスの流れ

STEP1 ご相談
お電話またはメールにて、ご相談をお受けいたします。
STEP2 ヒアリング
弊事務所職員により事前ヒアリングを行います。ヒアリングが終了し、関係資料のご提供をいただきましたら弁護士との面談日時を調整いたします。
STEP3 弁護士面談(有料)
弁護士面談にて法的なアドバイスをさせていただきます。必要に応じて、具体的な解決手段をお見積もり金額とともにご提案させていただきます。(原則として、ご来所いただいた上で面談を行います)
STEP4 委任契約の締結、着手金のお支払い
ご依頼いただける事となりましたら、幣事務所と委任契約を締結していただくとともに、着手金をお支払いいただきます。
STEP5 調査
労務リスクの未然防止策や実際に発生している労務トラブルの状況や原因の把握をするために調査、分析を行います。
STEP6 証拠書類収集と診断
就業規則・諸規程、労働者名簿、賃金台帳、出勤簿、その他証拠書類等を収集し、諸規則整備状況や労務管理状況の問題点を診断いたします。
STEP7 解決方針の提示
労務リスクの未然防止策や発生している労務トラブルの解決方針をご提示いたします。
STEP8 書類作成、業務遂行
解決方針・打ち合わせ内容に沿って、書類を作成、迅速に業務を遂行します。作成書類などをご確認いただき、必要に応じて、お打合せ・調整作業を行います。

解決

最終的なご確認をいただき、業務は完了となります。(委任契約に基づき、成功報酬をお支払頂きます)

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ(PDF)

人事労務相談TOPへ

法律事務所MIRAIOは法律サービスを「安心サービス産業」と位置づけています。
相談から訴訟の解決に至るまで様々な問題をサポートします。