債務者区分(格付)とは何ですか?|よくあるご質問|会社再生|弁護士法人法律事務所MIRAIO

法人のお客様 会社再生 よくあるご質問
会社再生 会社再生に関するよくあるご質問

資金繰り支援(自力再生)


質問

債務者区分(格付)とは何ですか?


回答

金融機関は企業への貸付債権について、管理の一環として、企業ごとに格付を行い、貸倒リスク(倒産)を把握しています。この分類は、正常先、要注意先、要管理先、破綻懸念先、実質破綻先、破綻先の6段階となっています。

【正常先】業績良好で財務内容に特に問題がない
【要注意先】業績低調もしくは不安定。赤字決算、返済遅延がある等
【要管理先】要注意先で3か月以上返済を遅延している、リスケジュールをしている等
【破綻懸念先】過大な借入金につき完済が厳しい、実質債務超過、営業赤字である等
【実質破綻先】破産はしていないが、6か月以上延滞、経営改善の見通しが立たない等
【破綻先】破産、民事再生等法的手続を行っている。手形不渡(2回)になっている等


サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

このページのTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。