事業承継計画の中には、どのような内容を盛り込めばよいのでしょうか。|よくあるご質問|税金|弁護士法人法律事務所MIRAIO

法人のお客様 国内企業法務サポート 税務・事業承継支援サービス よくあるご質問
国内企業法務サポート 税務・事業承継支援サービスに関するよくあるご質問

事業承継支援サービス


質問

事業承継計画の中には、どのような内容を盛り込めばよいのでしょうか。


回答

承継計画を策定する目的としては、承継するにあたり、現経営者が行うべき課題を整理し、後継者との引継ぎをスムーズにするためのスケジューリングです。
内容としては、4つが挙げられます。
1.自社の現状分析、2.今後の課題とその対応策、3.経営方針の決定、4.引継ぎ計画

4つの詳細:

  1. 自社の現状分析:経営資源の状況確認、外部環境とリスクの状況の確認、経営者の資産負債の状況の確認、後継候補者の能力の確認、相続に際した問題点
  2. 今後の課題とその対応策:経営資源強化のための対応、市場競争力を高めるための対応、経営者の個人資産と事業資産の明確な区分、後継候補者の育成方法、財産分与の方法
  3. 経営方針の決定:中長期の会社方針の決定、中長期の経営目標の決定
  4. 引継ぎ計画:3の経営目標とあわせ、引継ぎの時期や引継ぎまでの間にすべきことの時系列化

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

このページのTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。