事業承継を考えています。今、一番の悩みは、事業承継にとって欠かせない、株式について、譲渡がいいか贈与がいいのかということです。どちらに、どんなメリット、デメリットがあるのかを含めて教えてもらえないでしょうか?|事例紹介|紛争・トラブル解決/契約書作成サービス|弁護士法人法律事務所MIRAIO

法人のお客様 国内企業法務サポート 税務・事業承継支援サービス 事例一覧
国内企業法務サポート 事例一覧

相談の経緯

事業承継を考えています。
今、一番の悩みは、事業承継にとって欠かせない、株式について、譲渡がいいか贈与がいいのかということです。
どちらに、どんなメリット、デメリットがあるのかを含めて教えてもらえないでしょうか?

MIRAIOからの支援内容

譲渡の場合、株式が低くなっているときを狙って、購入するという形になります。つまり、購入金の全額を用意しなくてはいけなくなります。
しかし、一方で、譲渡益については20%の課税で済むなど、低い税負担で移動が可能であること、財産が確実に後継者に移るといったメリットがあることを説明しました。
一方、贈与の場合は、「暦年贈与」といって、110万円を超える基礎控除を超えると高い税負担が生じてしまうので、少しずつ年数をかけて株式を移動していく方法と、「相続時精算課税贈与」という2500万円まで非課税ではあるものの、これを超えると20%の課税がある贈与方法もあることを説明しました。
C社はMIRAIOの専門家と相談した結果、株式については譲渡という形で事業承継をすることになりました。

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

このページのTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。