相続人に未成年者がいる場合、遺産分割協議はどうすればいいですか?|よくあるご質問|登記|弁護士法人法律事務所MIRAIO

法人のお客様 国内企業法務サポート 登記 よくあるご質問

法人のお客様 国内法務サポート 登記 よくあるご質問

相続登記


質問

相続人に未成年者がいる場合、遺産分割協議はどうすればいいですか?


回答

未成年の子は、単独で有効な法律行為を行えません。(法律行為をする場合、通常は親権者である親の同意を得て、有効なものとなります。)
遺産分割協議もそんな「子が単独で出来ない法律行為」の一つですが、母と未成年の子との間で協議を行う場合は、母と子の利益が対立するので、母は子の代理人にはなれないのです。
そのような場合、家庭裁判所に特別代理人選任の申立を行い、遺産分割協議において未成年者の利益を守る「特別代理人」を選任します。
ただ、遺産分割協議をしない法廷相続分での相続登記の場合は、利益が相反することがないので特別代理人の選任をしなくても大丈夫です。


サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

このページのTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。