債権譲渡登記できる債権の事例|事例紹介|登記|弁護士法人法律事務所MIRAIO

法人のお客様 国内企業法務サポート 登記 事例詳細
法人のお客様 登記 事例詳細

相談の経緯

債権譲渡登記できる債権の事例

MIRAIOからの支援内容

典型的な活用場面

  • 流動資産に対する資金調達ニーズが大きい場面
  • 機械設備等の保有規模が大きい場面
  • 業況が一時的・急速に悪化した場面
  1. 住宅ローン会社が、
    将来の顧客に対する住宅ローン債権を譲渡することにより、事業活動の運転資金として活用し、より円滑な資金調達が可能となった。
  2. 不動産賃貸業者が、
    将来賃借人に対して取得する賃料債権を譲渡することにより、事業活動の運転資金として活用し、より円滑な資金調達が可能となった。
  3. 建築業者が、
    将来の顧客に対する工事請負代金債権を譲渡することにより、事業活動の運転資金として活用し、より円滑な資金調達が可能となった。
  4. マンションデベロッパー業者が、
    分譲するマンションの将来の購入者に対して有する売買代金債権を譲渡することにより、事業活動の運転資金として活用し、より円滑な資金調達が可能となった。
  5. リース業者が、
    将来取得するリース料債権を譲渡することにより、事業活動の運転資金として活用し、より円滑な資金調達が可能となった。
  6. 商品販売業者が、
    在庫商品を将来販売した場合に取得する売買代金債権を譲渡することにより、事業活動の運転資金として活用し、より円滑な資金調達が可能となった。
  7. 信販会社が、
    将来の顧客に対するクレジット債権を譲渡することにより、事業活動の運転資金として活用し、より円滑な資金調達が可能となった。
  8. 家電メーカーが、
    在庫商品に係る将来の売掛債権を譲渡することにより、事業活動の運転資金として活用し、より円滑な資金調達が可能となった。
  9. 航空会社が、
    将来の荷送人に対する貨物の運送料債権を譲渡することにより、事業活動の運転資金として活用し、より円滑な資金調達が可能となった。
  10. 有線放送会社が、
    将来の顧客に対する受信料債権等を譲渡することにより、事業活動の運転資金として活用し、より円滑な資金調達が可能となった。
  11. 調剤薬局が、
    社会保険事務所に対して有する診療報酬債権を譲渡することにより、事業活動の運転資金として活用し、より円滑な資金調達が可能となった。

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

このページのTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。