亡祖父名義の不動産をそのままにしていましたが、この度、私が相続することになりました。法務局に行ったところ、戸籍・除籍謄本や遺産分割協議書等の書類が必要だと言われましたが、結局、よくわからずに帰ってきました。かなり古い相続ですが、私名義にできますか?|事例紹介|登記|弁護士法人法律事務所MIRAIO

法人のお客様 国内企業法務サポート 登記 事例詳細
法人のお客様 登記 事例詳細

相談の経緯

亡祖父名義の不動産をそのままにしていましたが、この度、私が相続することになりました。
法務局に行ったところ、戸籍・除籍謄本や遺産分割協議書等の書類が必要だと言われましたが、結局、よくわからずに帰ってきました。
かなり古い相続ですが、私名義にできますか?

MIRAIOからの支援内容

今回のケースでは、戸籍・除籍・原戸籍謄本等取得から遺産分割協議書等の書類の作成及び相続登記申請までを迅速に行ないました。
また、相続が発生した時期がかなり古かったことにより、必要とされる戸籍・除籍・原戸籍謄本等が既に破棄、滅失していたため、法務局との綿密な事前打合せ等が必要でしたがMIRAIOの専門家の迅速対応をもって相続登記を完了させることができました。

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

このページのTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。