亡父名義の不動産を名義変更せず、何十年もそのままにしていましたので、この度、私が相続することにしました。相続人は、母、私及び弟ですが、母が認知症になってしまいました。私単有の相続登記はできますか?|事例紹介|登記|弁護士法人法律事務所MIRAIO

法人のお客様 国内企業法務サポート 登記 事例詳細
法人のお客様 登記 事例詳細

相談の経緯

亡父名義の不動産を名義変更せず、何十年もそのままにしていましたので、この度、私が相続することにしました。
相続人は、母、私及び弟ですが、母が認知症になってしまいました。
私単有の相続登記はできますか?

MIRAIOからの支援内容

認知症のお母様を含めた遺産分割協議はできませんので、まず、お母様の後見人を選任する手続きを申立てます。
後見人が選任されますとその後見人と遺産分割協議することで単有名義の相続登記を行なう事ができます。
MIRAIOでは、後見人の選任申し立てから相続登記まで専門家が費用及び時間を費やすことなく、対応しました。

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

このページのTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。