急いで自宅を売却する必要ができ、買主まで決ったのですが、自宅の登記簿をみたところ抵当権の設定がありました。住宅ローンを10年前に完済したので、抵当権は抹消されたものと思い込んでいたために、全く気にしませんでしたが、よく考えると完済した当時に金融機関からいろいろ書類を渡されていました。抵当権の設定がある状態では買主への売却も進めません。すぐにでも抵当権を抹消できますか? |事例紹介|登記|弁護士法人法律事務所MIRAIO

法人のお客様 国内企業法務サポート 登記 事例詳細
法人のお客様 登記 事例詳細

相談の経緯

急いで自宅を売却する必要ができ、買主まで決ったのですが、自宅の登記簿をみたところ抵当権の設定がありました。
住宅ローンを10年前に完済したので、抵当権は抹消されたものと思い込んでいたために、全く気にしませんでしたが、よく考えると完済した当時に金融機関からいろいろ書類を渡されていました。
抵当権の設定がある状態では買主への売却も進めません。
すぐにでも抵当権を抹消できますか?

MIRAIOからの支援内容

今回の場合、金融機関の資格証明書の有効期間が切れ、金融機関の合併が何度か繰り返されていたために、通常なら時間がかかる案件でありましたが、迅速に金融機関の合併の変遷を調査し、抹消登記に必要な合併の記載ある謄本を法務局で取得したことで、抵当権の抹消登記申請を実行でき、無事、自宅の売却が可能になりました。

サービスに関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-783-005 【予約受付時間】平日10:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご来所の方はこちら

アクセスマップ

このページのTOPへ

法律のことなら悩まずに、すぐミライオへ!
さまざまな問題からあなたやご家族の人生を守ります。弁護士が真摯にサポートいたします。