病態別の給付金額
弁護士法人法律事務所MIRAIO

MIRAIO

0120-783-005 平日10:00〜18:00

病態別の給付金額

死亡・肝がん・肝硬変(重度)(発症後20年経過していない方、ただし肝がんが再発した場合には再発時から起算します)
3,600万円
死亡・肝がん・肝硬変(重度)(発症後20年経過している方、ただし肝がんが再発した場合には再発時から起算します)
900万円
肝硬変(軽度)(発症後20年経過していない方)
2,500万円
肝硬変(軽度)(発症後20年経過、現在肝硬変の方、または過去に肝硬変の治療を受けたことがある方)
600万円
肝硬変(軽度)(発症後20年経過、すでに肝硬変は治癒していて、過去に肝硬変の治療を受けたことのない方)
300万円
慢性B型肝炎(発症後20年経過していない方)
1,250万円
慢性B型肝炎(発症後20年経過、現在慢性B型肝炎の方、または過去に慢性B型肝炎の治療を受けたことがある方)
300万円
慢性B型肝炎(発症後20年経過、すでに慢性B型肝炎は治癒していて、過去に慢性B型肝炎の治療を受けたことのない方)
150万円
無症候性キャリア(感染後20年経過していない方)
600万円
無症候性キャリア(感染後20年経過した方)
50万円+検査費用など※

※和解成立後は、毎年発生する定期検査費用、母子感染防止医療費(ご本人さま分、お子さま分)、世帯内感染防止医療費は国が負担します(ただし、上限があります)。

※和解後に病態が進展した場合には、上記和解手続きによらず支払基金に直接請求を行い、要件を満たした場合には追加給付金の支払いが行われます。