慢性肝炎とは
弁護士法人法律事務所MIRAIO

0120-783-005 平日10:00〜18:00

慢性肝炎

慢性肝炎は、肝臓内で炎症が6ヶ月以上つづいた状態です。組織学的には、肝組織内にリンパ球や好中球などのいわゆる炎症細胞の浸潤がみられ、肝細胞も炎症細胞により、直接または間接的に傷害を受け、破壊されます。肝細胞が破壊されると肝細胞内の酵素(AST、ALT)などが血中に流れ出すので、血液検査ではASTやALTのの上昇がみられます。ASTやALT値の上昇は、中毒性肝障害などでもおこりますが、その場合は肝細胞が直接破壊されて、初期には肝組織内に炎症細胞の浸潤はほとんどなく、肝炎とは区別されます。あくまでも炎症細胞による慢性的な炎症が6ヶ月以上つづく状態が慢性肝炎です。

慢性肝炎の一般的な症状は、体がだるい、食欲がない、発熱や吐き気、嘔吐などのように、風邪に似た症状が現れます。そのため、見過ごされてしまうことが多くあります。重症になると、血中のビリルビンが上昇してきますので、黄疸(おうだん)が現れ、茶褐色の尿や、白っぽい便が出てくることがありますが、全ての人にこの症状が出るわけではありません。
慢性肝炎の状態が長くづづくと、肝細胞はつぎつぎと壊され、だんだん肝細胞の数は減少して、そのかわりに繊維化が進み、最終的には肝硬変に移行することがあります。

慢性肝炎の原因でいちばん多いのは、ウイルス性肝炎です。
肝臓に親和性のあるウイルスに感染すると、宿主である人体は免疫反応によって肝臓からそのウイルスを排除しようとします。しかしその際、リンパ球などの炎症細胞が肝臓に動員され、肝炎がおこります。
慢性化しやすい肝炎ウイルスの代表は、C型肝炎ウイルス(HCV)です。B型肝炎ウイルス(HBV)も慢性肝炎の原因ですが、B型肝炎の場合は生後まもなく、またはその後数か月までの感染によってキャリアになると、成人になってから慢性肝炎をおこすことがあります。一般的な慢性肝炎の原因ウイルスは、ほとんどがB型、C型です。

そのほかで多い病態はアルコール性の慢性肝炎です。
アルコール性慢性肝炎では、肝細胞内に好中球と呼ばれる炎症細胞が散見されます。アルコールやその代謝物の直接または間接的な作用で、肝臓内に好中球が遊走してきて炎症をおこすものと思われます。
また最近慢性肝炎の原因で注目される病態に、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)という病気があります。この病気はアルコールを接種していないにもかかわらず、病理組織学的にはアルコール性慢性肝炎の像を示します。原因はまだ確定できていませんが、脂肪肝がある人で、なんらかの原因で体内にある炎症性サイトカイン(炎症に関係する細胞間伝達物質)が活性化して、肝炎をおこすのではないかと考えられています。
用語集TOPに戻る